「スポーツ×エンタメ」をテーマにしたミックスメディアスタート!

【対談】須賀健太(俳優)×野呂竜比人(プロバスケットボールプレイヤー)

最後に、3×3の競技について、育成やサポートに関して、“こうなったらいいな”っていう希望はありますか? ゴルフの世界では、ジャンボ尾崎さんも若手に指導に尽力されていますが。

野呂:今、サポートはすごく必要ですね。僕はちょうど1年前までサラリーマンをやりながらバスケをやっていたんです。そうすると、必然的に練習する時間が少なくなるんですよ。でも、そこでがんばって結果を出したので、去年、住建情報センターさんのチーム(BEEFMAN.EXE)に声をかけてもらったんです。“オリンピックを目指すために、365日バスケに集中できる環境を整えたので、ぜひウチに来てほしい”と。すごく悩みました。前のチームにはお世話になっていたし、新しいチームがどうなのかわからなかったし。でも、オリンピックを目指すなら絶対バスケに集中できる環境の方がいいし、現時点でも、多くの選手が働きながらバスケを続けているんです。ここで自分が頑張ることで、3×3を知る人が増えて、選手を目指す若い世代が増えたらば嬉しいですね。あと、サポートしてくれる企業も増えて欲しい。そのためにも、僕には2020年にオリンピックに出なきゃいけない使命があると思ってます!
須賀:オリンピック、見てみたいですね! スポーツも演劇も、もしかしたら人が生きていく上ではリアルに必要じゃないかもしれない。でも、実際に見ていただければ、絶対に何か伝えられると思うし、その気持ちはすごくわかります。僕も自分の舞台があったら、ぜひ見に来て欲しいです!
野呂:絶対行きますよ!
須賀:体格がいいから、ステージからでもすぐにわかりそうですね(笑)。楽しみにしてます!

野呂竜比人(のろたつひと)

野呂竜比人プロフィール画像のろたつひと/1988年6月24日生。北海道出身。188cm 。91kg。 株式会社 住建情報センター運営のBEEFMAN EXE.所属。ポジションはフォワード。2018年:3×3日本代表選手。同年、FIBA3x3 ASIA CUP SHENZHEN 2018で 銅メダルを獲得。2020年の東京オリンピック出場に期待がかかる注目のプレイヤー。

須賀健太(すがけんた)

プロフィール画像すがけんた/1994年10月19日生。東京都江戸川区出身。1999年に子役デビュー。2002年のドラマ『人にやさしく』の五十嵐明役で注目を集め、以降ドラマや映画に多数出演。声優や舞台もこなす演技派俳優。最近はハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』の日向翔陽役で新たなファン層を獲得した。