「スポーツ×エンタメ」をテーマにしたミックスメディアスタート!

川合美乃里さん(プロサーファー)インタビュー

その後、徳島から千葉に引っ越されてますが、これはどうしてですか?

高校に進学するタイミングで引っ越しました。中学2年でプロになったんですけど、中3の時にフルで試合に出ようと思ったら、ほとんどの会場が関東なんですよ。その時は徳島から車で会場まで行っていたんですが、1ヶ月に3回くらい試合があると徳島に帰れなくなるんです。1日かけて家に帰っても、その3日後にまた試合があるっていう感じで。だったらもう千葉を拠点にして回ってみようかってことになって、中3の時、千葉に1ヶ月滞在したんです。そうしたら毎日練習できるし、練習量も増えるからサーフィンも上達して。それでお父さんが、毎日サーフィンもできて、遠征費もかからないなら、引っ越そうかと。最初、“千葉に引っ越すから”って言われた時は冗談かと思いました(苦笑)。でもお父さん、その時にはすでに部屋を決めてたんですよね。

すごい行動力(笑)。でも、毎日サーフィンができる環境になったなんて、結果よかったですね!

ホントによかったと思います。

ところで、先ほど流れでサラリと中2でプロになったっておっしゃいましたけど、なかなかスゴイことですよね。

それもお父さんが決めたんですよ。アマチュア時代、4大大会っていう大きな大会で一度も優勝できず、だいたい2番手になることが多かったんです。絶対に大きな大会で優勝したかったんですが、全然ダメで。そんな時にトライアルがあり、そこそこの成績が残せたのでプロになれました。ただ、やっぱりその時はすごく言われましたね。“アマチュアで勝ってないのに意味ないでしょ”とか。でも、逆にプロになってから勝てるようになったんです。プロになれたことで自分に自信もついて、結果を残せるようになりました。