「スポーツ×エンタメ」をテーマにしたミックスメディアスタート!

眞嶋優さん(女優・タレント)インタビュー

女優として、タレントとして、近年では一般社団法人日本フリースタイルフットボール協会公認『フリースタイルフットボール アンバサダー』としても活動の幅を広げている眞嶋優さん。その可愛らしい外見からは想像できないほどアクティブで、得意なリフィティングは連続で1000回もこなしてしまうという彼女。そんな眞嶋優さんに女優としての活動、大好きなスポーツとの関わりなどを伺いました。(取材・ライター/三木万也 カメラマン/上溝恭香)

子役のキャリアからスタートされたとのことですが、女優を目指すキッカケを教えてください。

幼少時から習い事としてスポーツをしていたのですが、“もう少し女の子っぽいことにも挑戦しててみたい”と思って、兄と一緒に子役を育成するスクールでダンスレッスンを受けたりしていました。当時は学校にいく感覚でレッスンも楽しく通っていたのですが、高校生頃から役者という仕事をしてみたいと思うようになりました。

女優として活動していく中で一番思い入れのある作品は?

眞嶋優(ましま ゆう)プロフィール画像2017年に公開された映画作品なのですが『リンキング・ラブ』ですね。AKB48の田野優花さんが主演で現代の女子高生がバブル時代にタイムスリップしてアイドル結成するというストーリです!私は女子サッカー部の部長の役をやらせていただいたのですが、「この役はどうしても私がやりたい!」と強く思ってオーディションに挑んだので、とても思い入れがありますね。ストーリー設定上、衣装もピチピチなスポーツウエアだったり、バブリーなドレスだったり……(笑)。そういうのもすべて含めての役作りに挑戦して、すごく勉強になったし、良い経験になりました。