「スポーツ×エンタメ」をテーマにしたミックスメディアスタート!

三笘薫さん(サッカー)インタビュー

大学在学中にも関わらず、川崎フロンターレの内定及び日本サッカー協会より『2018 JFA・Jリーグ特別指定選手』にも承認された大注目の若きサッカープレイヤー・三笘 薫選手(MF)。サッカーに対する想いから好きなエンタメのことまで真摯に答えてくださいました。インタビュー必見です!(取材・ライター/三木万也 カメラマン/上溝恭香)

初登場ということで、三笘選手の簡単な自己紹介をお願いいたします!

三笘薫です。筑波大学に在学していますが、川崎フロンターレにも所属しています。ポディションはMF。生まれは大分県ですが、育ちは神奈川県です。好きな食べ物は、焼肉と麺類かなぁ…。自分自身の性格は真面目ですごく負けず嫌いだと思いますね。

まず初めにサッカーをはじめたキッカケを教えてください。

三苫 薫(みとま かおる)プロフィール画像兄がサッカーをやっていたので、真似して始めたのがキッカケですね!
僕の家族は兄だけでなく、みんなスポーツが大好きで以前は父親が陸上、母親がバレーをやっていました。兄は現在も趣味でサッカーをやっています。プロとしてサッカー選手になりたいと意識しだしたのは、川崎フロンターレの下部組織に入団して環境が変わってからだと思います。やはり環境の変化は精神的にも大きいですね。

三笘選手が思う“サッカーの魅力”とは、どんなところでしょうか。

そうですね。サッカーは、チームスポーツでゴールや勝利の喜びを共有できることが魅力的だと思います。あと、相手の行動を読み、先回りしたり…、頭を使うことがとても重要なスポーツなので、身体能力だけでなく、頭脳戦・心理戦ができるところがすごく面白いです。